本の価値は?

古本屋さんに本を売ったら、意外とお金にならなくて凹んだことはありませんか?私はよくあります。すごく面白いハードカバーだったのに、買い取り価格は「10円」なんて言われると、えーって思っちゃいます。それでも、買い取ってもらえるだけありがたいと思うべきか…。
私の友人に勧められたのは、「古本屋で売るよりもネットオークションで売ったほうが高く売れる」という裏ワザ。今やたくさんのオークションサイトが存在していますが、どのサイトでも「本」というカテゴリーを扱っていますよね。すぐに書い手はつかないかもしれないけれど、その本の価値を分かって値段をつけてくれる人が見る可能性は非常に高いです。だからこそ、ライブの限定写真集や、絶版になってしまった作家の本など、プレミアのつくものはインターネットの市場を活用したほうが良いのだそうです。
そんな市場がある一方で、地域の図書館では月に1回「本のゆずりあい」が開催されています。これは金銭のやりとりは発生せず、自分が読まなくなった本を持って行く人と、本が欲しい人が集まり、その場で無料で本をもらうことができるという催し。自分の大切な本を手放すときは、こういう場に持っていくのもアリなのかもしれません。

可愛いものを買いたい

アンパンマンやキティちゃんなど、子どもに人気のお馴染みのキャラクターってたくさんいますよね。私の姪もディズニーランドやサンリオピューロランドが大好きで、パパとママによく連れていってもらってますよ。
先日、デパートの雑貨屋さんに行きました。その雑貨屋さんは中高生の女の子に人気のお店で、キャラクターのグッズが豊富に取り揃えられています。アニメのキャラクターだけでなく、絵本のキャラクターグッズもたくさんあるので、私みたいに絵本が好きな大人が行っても飽きないお店のようです。デパートに行く時はたまに立ち寄っていたのですが、こないだ久しぶりに行ってみました。お店の内装が少し変わっていて、ジブリコーナー、ディズニーコーナー、はらぺこあおむしコーナーなど売り場が分かりやすく分かれていて「スタッフのイチオシ」のポップが可愛く飾られていました。いつも見るだけで帰ってしまうのですが、その日は絵本の「ジャッキー」シリーズのとても可愛いマグカップを発見し、衝動買いしてしまいました。ピンクがベースのカップで、家に置いておくだけで可愛らしいのです。
大人げなくこんな可愛い買い物をしてしまったなあ~と後になって思ったのですが、たまには良いですよね!

癒しを求めて

以前、雑誌を読んでいたところセラピー特集というページが目に入りました。現在、空前のセラピーブーム!日本中のたくさんの人が癒しを求めている時代のようですね。その証拠に、様々な種類のセラピーやヒーリングなどが私達の周りに溢れています。しかも、対象は疲れた大人だけではありません。赤ちゃんを対象にして行うベビーマッサージやハンドタッチヒーリングもあるし、さらにはペットの癒しを行うセッションまであるんですよ。
その雑誌で色々紹介されている中で特に「レイキヒーリング」というものが気になったので、インターネットで検索して近くのサロンを探してみました。結構有名なものらしく、レイキを取り扱っているサロンは何カ所も見つかりました。レイキの特徴は、身体に触れなくても体の不調が分かり、必要なエネルギーを注ぎ込んでもらえること。チャクラなどの考え方と深くかかわっているのでしょう。実際に予約してお店に行ってみると、マンションの一室を施術のために改装した綺麗なところでした。ヒーラーさんは中年の女性で優しい雰囲気の方。施術は1時間ほどだったのですが、不思議と体が軽くなり心もスッキリしました。今までこういった類のものは信じていなかったのですが、体の芯から温かくなる感覚は本物だと実感しました。

手帳ダイエット

この前、テレビでダイエット特集をやっていたので夢中で見てしまいました。女性にとってダイエットは永遠の気になるテーマではないでしょうか…?最近は専用のヘルシーな食品(スープやおかゆなど)もドラッグストアで手に入れることができますよね。私も何度か買ったことがありますが、最初の3日くらいは良くても毎日続けるのはなかなか困難で…。あと、こういった食品には美味しいと感じるものがなかなか無いんですよね。低カロリーを重視しているので、どうしてもうまみ成分が少なくなるのかもしれません。
ヘルシー食品を使う方法は自分に合わないなと感じていました。しかし、テレビでは驚きの方法が紹介されていました。それは「手帳に食べたものを書き込むだけ」のダイエット!えー!それだけで本当に痩せるの?と疑心暗鬼になりつつも、体に負担をかけずに痩せられるなら…と思い、さっそく始めてみました。すると、自然と自分の食生活に関心を持つことができ、カロリーを気にして食事を選ぶようになったのです。今まで昨日食べたものを気にしたことはなかったけれど、「昨日は焼肉だったから今日はヘルシーにしよう」など、ヘルシーなメニューを考えるきっかけになっています。まだ効果は表れていないけど、しばらく手帳作戦を続けてみようと思います。

豆ごはんに夢中

最近、豆ごはん作りにハマっています。先日、雑誌の中のレシピで美味しい豆ごはんの作り方を紹介していたのです。小さい頃にはよくお母さんが作ってくれたのですが、自分では作ったことがなかったなあと思い、さっそくやってみました!青豆を使ったシンプルな炊き込みご飯、簡単なようですが奥が深いんですよ~。水加減とか塩加減、隠し味で昆布茶を入れてみたりね。おかずとの兼ね合いもあるので、味が濃すぎてはいけないんです。好みもあるかもしれませんが、塩と昆布茶を控えめに入れるのもコツかもしれません。私は薄味のほうが好きです。
出来上がった豆ごはん、実は色々なものに使えます。普通におかずと一緒に食べても美味しいですし、あとは、カレーをかけてみたり、ちょっとネギやたまごを足してチャーハンにしてみるのも良いですよ~。もしくは、炊飯の辞典で昆布茶と塩の代わりにコンソメを入れてみると洋風の味わいになります。ピラフみたいで美味しい!
やはりいちばん難しいのは水加減で、豆が水を吸うので規定量よりも少し多めに水を入れて炊くのが良いと思います。多めに作っておいて、小分けで冷凍しておけば小腹が減った時にも取り出して食べることができます。まさに万能ごはんですね。

本当は怖い除菌ブーム

病院の待合室でたまたま手に取った週刊誌の中に、印象的な言葉がありました。それは「除菌ブーム」です。なんだそれ?と思う方も多いと思います。私もその一人。そんなブームが到来していたとは知りませんでした。除菌ブームとはその名の通り、なんでもかんでも除菌して清潔にしましょうという社会的な傾向のことを揶揄して使われているそうです。清潔を保つのは良いことじゃないか、とも思いますが、過剰に菌を殺してしまおうとする傾向に問題があるのだそうです。
感染症対策という側面もあると思いますが、今はどこに行っても手を消毒するアルコールが置いてあったり、持ち歩きが出来る除菌ジェルが販売されていたり…たしかにこれは「ブーム」なのかも?感染症や食中毒が流行る季節には役に立っているのかもしれませんが、その週刊誌に書いてあったことによると、過度に菌を避けることにより人間の免疫力が育たない、特に子どもの周りから菌をなくそうとすると、抵抗力の弱い子どもに育ってしまう、とのことでした。命を守るために菌からバリアしていたつもりが、いつの間にか自分たちの命を削ることに繋がっていたのですね…!子どもは風邪をひいて強くなる、と言いますがまさにこのことでしょうか。私もちょっと意識してみようと思います。

頑張り屋の新米ママ

友達に赤ちゃんが生まれたので、プレゼントを持って会いに行きました。学生時代の大好きな友達なので、お母さんになったという報告を聞いて私も嬉しくなりました。赤ちゃんは女の子、少し小さめに生まれたそうですが、元気だそうです。退院してしばらく経ち、家の中で毎日ゆっくり過ごしているとのことでした。
私が選んだプレゼントはミッフィーちゃんの絵本です。赤ちゃん向けの小さな絵本が3冊セットになっているものです。出産祝いの贈り物といえばベビー服が定番のようですが、どうせなら大きくなるまで使ってほしいので、絵本を選んでみました。まだ早いかもしれないけど、もう少しお姉さんになったらママに読んでもらってね。
彼女は少し落ち着いたら仕事復帰も考えているらしいです。子育てと仕事の両立、たくましいですね…!今は保育園もなかなか入るのが難しいらしく、頭を抱えるお母さんたちは多いのだそうです。働くお母さんが子育てをしやすい環境になったらいいなと思いました。
「今いちばん大変なことは、パパが家にいないときの買い物」と言っていました。たしかに赤ちゃんを抱えてオムツやミルクを買いに行くのは一苦労のはず。私も近所に住んでいるので、いつでも協力するから言ってねと伝えました。困ったときは助け合いです。

スパでリフレッシュ

この前、友達と一緒に駅から少し離れたところにあるスパに行ってきました!今年オープンしたばかりのスパなのでとても綺麗なんですよ。会員制ですが、その日は平日だったのでとても空いていました。施設の中にはお風呂とサウナと岩盤浴、それからパウダールームや休憩フロアなんかがあって1日中ゆっくりと過ごすには最適な場所です。冷え性の私は岩盤浴にハマっておりまして、その日も3時間くらいかけてゆっくりと汗を流してきました。
休憩所にはたくさんの雑誌や漫画があるので飽きません。私は寝転がりながら、「ゴルゴ13」を読んでいました(笑)普段あまり読まないタイプの漫画ですが、ちゃんと読むと面白いですね。絵もゴツイかんじですが、けっこう惹きこまれて3冊一気に読んでしまいました。まさかスパに来て、ゴルゴにハマるとは思っていませんでした。
夕方までゆっくりして、駅前のカフェでお茶をして解散。岩盤浴をすると、とても血行が良くなってその日は熟睡できました。定期的にスパに通えたらいいなあと思ってます。なかなか毎週通うのは難しいですが、せめて月に一度くらいは足を運びたいなあ。心も身体も気持ちよくなれるスパ活、個人的にはとてもオススメですね~。

姪っ子からの贈り物

幼稚園児の姪っ子からとても可愛いプレゼントを貰いました!幼稚園で絵本を作るのがブームだそうで、ホチキスで製本した小さな可愛らしい絵本をくれたんです。「これはね、おばちゃん(私)のお話をね、書いたからね」と言って、リボンのついた紙袋に入れて渡されました。誕生日でもクリスマスでもないのに、素敵な贈り物をいただいちゃったなあ。感激!
表紙にはクレヨンでお絵描きがしてありました。誰かのお顔と、チューリップとちょうちょの絵。「これは誰の顔?」と聞くと、「おばちゃんだよ!」と元気よく教えてくれました。表紙まで登場している私(笑)嬉しい限りです。
中を開いてみて感心したのは、色とりどりのクレヨンや色鉛筆、絵の具など色々な道具を使ってお絵描きがされていること!姪っ子は、自分が使える全ての材料を使って絵本を作ったようです。色もカラフルでとても素敵なんです。子どもの想像力と創造力に感動を覚えた日でした。大人って「他の人にこう評価されたいな」とか「ヘタクソになったらやだな」という思いが強く出てしまいがちですが、子どもはそんなことを考えず、自分の描きたいように絵を描き、作りたいように本を作るみたいです。私自身も絵を描くのは大好きです。姪っ子に感化されて、自分でも手作りの絵本を作ってみたくなりました。

お手紙の特別感

本屋さんで可愛いポストカードを見つけました!天使の柄のとても素敵なデザインのものです。天使がモチーフになっている雑貨は大好きで、集めていた時期もあるんですよ。このポストカードなら、誕生日でもクリスマスでも使えるなあと思いました。この本屋さんでは海外から輸入したポストカードやメッセージカードを多く取り揃えていて、コーナー全体がまるで西洋の美術館のような雰囲気なのです。テディベアのデザインが気に入って、甥っ子の誕生日にメッセージを書いて送ったこともあります。幼稚園児の甥っ子は「くまちゃんかわいい~!」と言ってとても喜んでくれました。私まで嬉しくなりました。
普段はメールばかりしていますが、お手紙のやりとりって嬉しくなりますよね。中学生の頃は文通に夢中になっていた時期もあり、毎日ポストを開けるのが楽しみだったものです。とっておきの便箋やカードで届くメッセージは、メールでは感じられない喜びを味わうことができると思います。何より、パソコンで打った文字ではなく、手書きというところに書き手の思いがこもりますよね。今回買ったものは、友達の誕生日にお祝いの言葉を添えて贈ろうと思います。その友達も天使のモチーフが好きなので、きっと喜ぶでしょう。

いつもよりちょっと大人向けのケータイ小説を無料で楽しみたい!